パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: パソコン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

秋葉原をさまよう

 さて、ようやく3日(水)である。

 朝、メールの返事など書いていたら、バッテリーがみるみる減っていく。「あと10分」という表示がでたと思ったら、シューッと画面が消えていった。嗚呼(*_*) 

 こうなったら電源コードを買うしかない。今日行くお茶の水・水道橋エリアのとなりに秋葉原がある。

秋葉原に行けば電気のことならなんとかなるでしょう。ということでまず、秋葉原に向かう。

まず、駅前のパーツ屋さんをめぐる。ああ、血が騒ぐ。僕は子どもの頃(小学5、6年~中学ぐらいまで)、愛読誌は、『初歩のラジオ』(初ラ)と『ラジオの製作』(ラ製)だったのだ。実際につくったのは、カネもなかったので、鉱石ラジオと5球スーパーぐらいだったが…。しかも、その2つも独力では完成しなかった(>_<)。秋葉原も最初は父親に連れて行ってもらい、中学の頃は一人でいったりもした。

 つい、いろんな部品に目がいく。おお、そうだったACアダプターを探すのだ。しかし、19V1.58Aなんていうのは汎用品にはない。電流が多めのやつは5000円近くもする。800円のパソコンに5000円のアダプターというのはあまりに理不尽だ。

 いくつか量販店にいき、エイサーのアダプターを探すが、ない(-_-;)。

 そういえば、今はヨドバシカメラが秋葉原にあるらしい。ぐるりと見渡すと、ちょっと離れたところに、ヨドバシカメラを発見。秋葉原×ヨドバシカメラというのは最強の組み合わせでないか。

 入り口で、「エイサーのアダプターを探している」というとすぐさまエイサーの担当者のところに連れて行ってくれた。担当者は「探してみます」とバックヤードへ消える。しばらくすると「ありました。3000円ですがよろしいですか」と。まあ、そのぐらいはするだろう。「オッケーよろしく」とレジへ。

 名札をみるとひらがなで「わん」と書いてある。王か?「わんさんは中国人かい?」と聞くと「はいそうです」という。「日本語がうまいねえ」というと「いいえ。まだまだです」と日本人のように謙遜する。きれいな日本語を話す。名札をみなければまったく気づかなかった。日本人と中国人は言葉以外では区別できない。

 10年ほど前に中国に行ったときにも、王(わん)さんという美しいバスガイドさんがいたが、彼女も見た目はまったく日本人。仙台に留学していたらしいが、しょっちゅう日本人に間違えられたらしい。

 話を秋葉原のわん(王?)さんに戻す。「いつから日本に来ているの?」と聞くと12歳だという。どうりで、日本語がうまいわけだ。

 さわやかな好青年で、すがすがしかった。秋葉原のヨドバシカメラ、1Fのわんさんをよろしく。

 写メとっときゃよかった。

 というわけで、写真は今朝(9日)広島の天満川のほとりにさいていたコスモス。

コスモス0609


 
09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS