パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 学習運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

売れてます 『軍都廣島 「廣島」と「ヒロシマ」を考える』

110817_1125~0001

広島県労働者学習協議会・一粒の麦社が今年7月に刊行した清水章宏・橋本和正著『軍都廣島 「廣島」と「ヒロシマ」を考える』がいま,売れています。

chugoku110813_convert.gif

 8月13日付の中国新聞に紹介記事が載ると,労学協事務所の電話がひっきりなし。土曜なので平野事務局長の携帯にバンバン転送され,どうにもならないので,急遽,藤井ボランティア事務局員が事務所にいき,応対しました。

 この日だけで20冊の注文があったそうです。今日,17日もたまたま雨宿りに寄ったら,書店から追加注文がきたり,個人からの問い合わせがあったりと忙しそう。

110817_1057~0001
(注文の電話をとる藤井さんと平野事務局長A)

 現在,広島市内の紙屋町センター街の紀伊国屋書店,広島駅前福屋エールエール館ジュンク堂,MARUZEN&ジュンク堂書店 広島店で取り扱っています。

 もちろん広島県労学協でも売っています。定価700円(税込み)

著者は,清水章宏さんと橋本和正さん。

清水さんは平和と沖縄をこよなく愛する「軍事オタク」。平和のためには戦争についてよく知らなければならないと考えているからです。彼が読んできたたくさんの文献と,歩いて見て集めた資料をもとに「軍都廣島」の実態に迫っています。

 「ふりかけは広島が発祥の地だった」など,うんちく(トリビア?)もすごい。

加害の出撃拠点であった「軍都廣島」。第二次大戦でもっとも激しい被害を受け,戦後,平和の象徴になった街,「ヒロシマ」。

この両者をどのように結びつけ,真の平和を創りだすのか。


 「軍都としての廣島を目標にしたわけではなく,原子爆弾の威力,効果,影響を調べるうえで条件が整っている都市として広島が目標に選ばれたのです」(68ページ)という指摘はとりわけ重要です。

橋本和正さんは,林博史さんの『裁かれた戦争犯罪』(岩波書店)を読み,そこに叔父が実名入りで出ていることにショックをうけ,「事実をきちんと受け止めなければ」と叔父が広島第五師団歩兵第11連隊第7中隊第一小隊長としてマレーシア,シンガポールへゆき住民虐殺にかかわった経緯を調べました。

叔父さんはB・C級戦犯に問われ,29歳で死刑に。

橋本さんはいいます。

「叔父を含め『戦争犯罪者』の一人とする考えがあります。戦争犯罪を『命令されたもの』として,免罪する向きもあります。わたしも戦犯処刑者を肉親にもつ一人として理解できないではありません。……しかし,…事実に向き合って生きたいと思います。英語で『責任』にあたる言葉は,responsibilityです。この言葉はresponse=応答とか,反応を語源としているそうです。それならば,私は戦争の被害にあった多くのアジア人の人々の声にresponse(応答)していきたいと思います」(106ページ)

戦争と平和を考えるすべての人に読んで欲しい。

 
 

 

スポンサーサイト

Category: 学習運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

池田香代子さん、君島東彦さん、紙屋高雪さん 

更新しないとアクセスが減るのね。不思議なのはアクセスしないと更新したかどうか分からないはずなんだけど、どうして分かるんだろう????

さて、19日(金)は、学習会のかけ持ち。といっても聞く方です。まず2時から福山で、池田香代子さんの講演(福山市男女共同参画フォーラム)。そして6時30分から広島市立大学の連続市民講座で、立命館大学の君島東彦さんの講演です。

12時5分発のローズライナー(バス)に乗って福山へ。バスを降りて福山ロッツをめざす。福山ロッツは複合施設で、その地下二階にイコール福山はある。着いたらおかしい。講演会の雰囲気はまったくない。チケットをあわててみる。ありゃ、会場は県民文化センターふくやまではないか。バスを降りてすぐのところ。さっき前を通過した。あわてて戻る。2時を過ぎてしまった。
 しかし、表彰式が講演の前にあったので、セーフ。池田さんの話をはじめから聞くことができた。

PA0_0126.jpg
(写真撮影はいけなかったらしい(-_-;)

 「私たちは微力ではあるけど無力ではない」というすてきな言葉を紹介してくれた池田さん。ボクも講演や原稿で幾度となくこの言葉を使った。そして、『やさしいことばで日本国憲法』(マガジンハウス)は、ボクが日本国憲法を読み解くうえでたくさんのヒントを得たのだ。
やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法全文やさしいことばで日本国憲法―新訳条文+英文憲法+憲法全文
(2002/12)
C.Douglas Lummis池田 香代子

商品詳細を見る


 池田さんの講演を初めて聞いたのは2003年6月28日、自治労連女性部の学習会が神奈川であってそこへお邪魔したのであった。おお、なんと今日はそれからちょうど6年めではないか。そのときサインしてもらったのがこれ。
無力ではない

そのあと広島で2回ほど池田さんに来ていただきました。04年3月の衆議院憲法調査会・広島公聴会のプレ集会、07年11月3日、7000人を集めたピースフェスタINヒロシマ。

 池田さんの講演はとても柔らかくて聞いていて心地がいい。

 今日の講演も、『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス)をなぜつくったのかから始まった。 
世界がもし100人の村だったら世界がもし100人の村だったら
(2001/12)
池田 香代子

商品詳細を見る


(つづく)






Category: 学習運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

仲間たちとの再会

さて、ACアダプターをリュックに放り込んで、水道橋へ向かう。
まずは、昨日(2日)の講演会の司会をしていたT田さん(バレバレ!)のところに。

蓮池透さんの『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版)が話題に。「読んどいたほうがいいよ」とのこと。まだ買っていなかった。
この本です。

そして、この本を出したK出版(これもバレバレ!)の東京OfficeのM竹さんとほぼ1年ぶりの再会。
ランチを一緒にする約束をしていたのだ。当然、Officeの机のうえには『拉致』が。「ひょっとしてこの本、M竹さんが編集したの?」「そうだよ」

 たったいま、会った人とこの本が話題になったと話す。5月10日にでて、まだ一ヶ月もたっていないのに二刷に入っているという。
 そこに、書店の人から電話が入り、「そこに何冊かないか。すぐ近くまできている」とのこと。K出版、もういいね、かもがわ出版の東京Officeは、編集機能だけで、営業所ではないのだ。それでも数冊あって、その書店のかたも「いい本ですね。売れてます」と言って、そそくさと帰って行った。

 いま、この『拉致』を読んでいるのだけれど、蓮池さんの言っていることは、ほとんど納得できる。

 「いま私は、かつてとは異なり、右翼的な人たちから、「あいつは変節した」「裏切り者」とバッシングを受けています。でも、繰り返しますが、私は右でも左でもないのです。

 私が願うことは、この運動が、被害者の救出を第一とするようなものであってほしいということだけです。右も左も、垣根を超えて、被害者のために連帯しあえるような運動です。そういう運動がつくれたとき、拉致問題も大きく動くのではないかと、期待しているのです」(8ページ)

 まったくその通り!

 Officeをでて、食堂へ。鯖の味噌煮定食をたべ、よもやま話。

 それじゃあ、とT田さんの事務所までつれていったのだけれども、あいにく不在だった。

 S書店のS井さんのところにも行こうと思っていたが、電話するとこちらも不在。

 1年2か月働いていた、労働者教育協会へ向かう。ここもほぼ1年ぶり。病気になったとはいえ、たった2か月で「政権」を投げ出してしまったので、心苦しい。

 だから、「政権投げだし」について、僕は安倍も福田も批判できない。

しかし、協会のみなさんは、温かく迎えてくれた。O沢新事務局長やみんなにあいさつし、近況を報告。隣の東京学習会議や国民救援会東京都本部にも顔を出す。

 4階に降りて、全労連へ。O田川事務局長にあいさつして、「いろはにこんぺいとう」を渡す。O田川さんも広島の人である。T間組織局長は不在で会えず、残念。

 夕方、神奈川学習協へ。ふたみサポーターズのみなさんに集まってもらう。学習協も入っている横浜平和と労働会館1階が台所つきのフリースペースになっていて、仕出しをたのんで、宴会だあ。

 みんなが二見伸吾との関わりを話してくれる。
 一番古いつきあいは、神奈川土建のI子(名字よ)さんだ。最初に会ったのが僕が16のときだから、かれこれ30年。空白がだいぶあるけれど。まだ僕が右も左もよくわかっていなかったときに、左の方ひぱっていってくれた青年運動の若き(当たり前か)リーダーだった。

 そのつぎは、神奈川でずっと事務局長をされていたS谷さんだ。僕が広島県労学協の事務局長になって全国の会議でるようになってからだから、15年。S谷さんは、広島市東区で被爆されている。
 S谷さんは、広島から横浜市立大へ行き、そのまま学習協の専従に。
 ぼくは、神奈川から広大の大学院へ行って、そのまま専従に。二人はちょうど対称なのだ。

 そして、三番目は、建設労連のM井さん。2004年に出した『いま君にできること』(学習の友社)を読んで、学習会の講師として、わざわざ呼んでくれたのだ。一度も僕の話を聞いたことがないのに。
 勇気あるよね。

 あとは、だいたい全国学習交流集会in神奈川のプレ集会で会った人たち。
 そのなかには、法政の後輩がいてびっくり。共通の知り合いもいたりして。

 「わたし、二見さんの後輩なんです」と交流会で言われて、うれしかった。

  
みんな相当心配してくれていたようで、口々に「元気になってよかった」と。ありがたい。

 神奈川は私が生まれ育ったところ。労働者教育協会にいた短い間も、いろんな学習会でつかってもらった。

 この日、沢山飲んで、たくさんしゃっべったわ。二次会に行ったのだが、記憶がない。

後日、確認すると、ずっと寝ていた、ということ。記憶がないわけだ(@_@)











04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。