パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 日本共産党   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

参議院選挙 報告 共産党3議席から6議席へ

午前1時半になんとかできあがった演説原稿。覚えるひまもなくぶっつけ本番でしたので、下(メモ)ばかり見ております。


スポンサーサイト

Category: 日本共産党   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

参議院選挙で問われるもの 2016年6月21日

KIMG0646-02_convert_20160621221718.jpg

参議院選挙の候補者でない私が、ハンドマイクを持って街頭で訴えることができるのは公示前日の今日、21日までです。

5月15日から今日まで126回演説し、5月24日に、その時点での演説原稿をアップしました。

さまざまな人からアドバイスとダメめ出しをいただき、演説内容はほぼ同じですが、細部がいろいろ変わっています。

声に出して読むと、違いが分かると思いますよ。格段に話しやすくなっています。

参議院選挙勝利にいささかなりとも貢献できればいいのですが。

*******************

ご町内のみなさん、こんにちは。 こちらは日本共産党です
 
この場をお借りして目前に迫った参議院選挙の訴えをさせていただきたいと思います。私は、日本共産党・府中町政策委員長の二見伸吾でございます。どうぞ、よろしくお願いしたします。

みなさんは安倍政権についてどのように思っていますか?多くの方が「これは危ない」「余りにひどい」と感じているのではないでしょうか。

日本共産党は、今度の選挙で安倍政権の暴走をストップさせるために、「参議院で与野党逆転を」と頑張っています。

全国で1人区が32ありますけれども、その全てで野党統一候補が決まりました。

ここまで野党共闘が進んだのは、何といっても市民の力です。みんなの力をあわせれば政治は変えられます。

どうか、参議院選挙では、国民の立場で一貫して頑張る日本共産党へのご支援を、まずお願いいたします。

みなさん

今度の参議院選挙では、大きく言って2つのことが問われています。

一つ目は、安保法制、戦争法の問題です。 この法律をそのままにしておきますと3つことが問題になります。

第1に、自衛隊が、海外で殺したり、殺されたりするようになります。

戦争法の中心は、集団的自衛権です。攻められてもいないのに、アメリカと一緒になって、よその国へ行って戦争する。アメリカ軍の身代わりに、日本の自衛隊員、若者の命を危険にさらすことを許してはなりません。

第2に立憲主義が壊されています。

立憲主義、最近テレビなどで聞かれるようになりましたけれども、政治は憲法に基づいてしなければならない、憲法に反する法律をつくってはいけないということです。

しかし、安倍首相は憲法などおかまいなし、自分の好きなようにやる。憲法を守って政治をするつもりがまったくありません。

第3に、安倍首相は、今の憲法を変えようとしています。

自民党の改憲案は、頭からお終いまでひどい内容ですけれども、とりわけ危ないのが緊急事態条項

戦争や大きな災害が起きたときには国会を開かなくていい、法律もいらない、選挙もしなくていいと書いてある。国会と国民そっちのけで自分たちのいいように国を動かす。これが独裁政治でなくなんでしょうか。

アジアで2000万人もの人々を殺し、ヒロシマ、ナガサキ、沖縄など、おびただしい犠牲、たくさんの苦しみと哀しみをへて、二度と戦争はしないと誓った日本国憲法。安倍首相は、この憲法が邪魔で、とりかえたい。

自由にものの言えない、「欲しがりません、勝つまでは」「ぜいたくは敵だ」と言わされた、あの戦争の時代に後戻りすること、決して許してはなりません。

みなさん

参議院選挙で問われる二つ目の大きな問題は、「暮らし」を守ることです。

アベノミクスが始まって3年。みなさんの暮らし、良くなったでしょうか?良くなっていませんよね。

大企業を応援すれば、いずれは家計に回ってくる、いずれは地方へ回ってくると、国民の暮らしそっちのけで大企業を応援してきた。これが間違いのもとなんです。

安倍首相は、アベノミクスのエンジンをもっとふかすと言っていますけれども、欠陥車のエンジンをふかしたら車は爆発し、日本経済は文字通りの「火の車」になる。アベノミクスという欠陥車はリコールして、スクラップ工場に送るしかありません。

みなさん

では、どうやったら私たちの暮らし、よくすることができるでしょうか。

日本共産党は、3つの提案をしています。1つ、税金の集め方を変える、2つ、税金の使い方を変える、3つ、働き方を変える。この3つを変えて暮らしをよくします。

第1に、税金の集め方です。ここへ来て安倍首相、消費税引き上げを延期しましたけれども、景気の腰折れになるというのなら、延期ではなく消費税10%きっぱり中止すべきです。

不公平税制や無駄遣いをなくし、タックスヘイブンなど課税逃れをやめさせれば20兆円の財源を生みだすことができます。大企業と大金持ちに応分の負担をしていただきましょう。

第2に税金の使い方です。福祉と暮らし優先に切り替えます。医療と介護の負担を減らします。高すぎる大学の授業料を国公立も私立も10年間で半額にし、返さなくていい奨学金をつくります。税金を思い切って福祉と暮らしのために使います。

第3は働き方です。ブラック企業、ブラックバイトをなくし、非正規から正社員への流れをつくります。最低賃金をいますぐ時給1000円にし、1500円をめざします。

大企業応援から国民の暮らし最優先へと経済のあり方、大きく変えていく。日本共産党の躍進こそ、この改革を実現する大きな力になることを強く訴えたいと思います。

みなさん

日本共産党府中町支部は、みなさんのお宅にアンケートをお届けしましたけれども、切実な声、たくさん寄せられています。

「道路や歩道のデコボコをなくして欲しい、風疹のワクチン接種、助成する対象を広げて欲しい、信号機をつけて欲しい。ヤブ蚊がなんとかならないか」

さっそく役場に行き、どうやったら皆さんの要望が実現できるのか、役場のみなさんと相談をしてきました。

私たち日本共産党は、みなさんのねがい実現のために力を尽くしたいと思います。何でも結構ですので、ご要望をお寄せいただきますようお願いします。

日本共産党の「しんぶん赤旗」もこの機会にぜひお読み下さいますよう、お願いいたします。

みなさん

安倍政権に代わる新しい政治、ご一緒につくっていこうではありませんか。力をあわせて未来をきりひらいていきましょう。

日本共産党へのご支援を心からお願いいたしまして、私、日本共産党・府中町政策委員長、二見伸吾の訴えを終わらせていただきます。
ご静聴ありがとうございました。

*******************

日本共産党の参議院選挙政策

JCP TIMES(しんぶん赤旗号外6.7月号)


Category: 日本共産党   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

日本共産党 プロモビデオ This is JCP

なかなか、いいんでない。


Category: 日本共産党   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

参議院選挙で問われるもの

KIMG0371-02.jpg


ご町内のみなさん、こんにちは

この場をお借りして参議院選挙の訴えをさせていただきたいと思います。私は、日本共産党・府中町政策委員長の二見伸吾でございます。どうぞ、よろしくお願いしたします。

みなさんは安倍政権についてどのように思っていますか?多くの方が「安倍さんは余りにひどい」、「これは危ない」と感じているのではないでしょうか。

日本共産党は、今度の選挙で安倍政権の暴走をストップさせ、立憲主義を取り戻すために、「参議院で与野党逆転を」と頑張っています。

全国で1人区が32ありますが、全ての選挙区で野党統一候補が立てられるメドがついてきました。ここまで野党共闘が進んだのは、何といっても市民の力です。みんなの力をあわせれば政治は変えられます。

どうか、参議院選挙では、国民の立場で一貫して頑張る日本共産党へのご支援を、まずお願いいたします。

みなさん

今度の参議院選挙では、大きく言って2つのことが問われています。

一つ目は、安保法制、戦争法の問題です。

3月29日に安保法制、戦争法がスタートしました。この法律をそのままにしておくと3つの大きな問題が引きおこされます。

第1に、自衛隊が、外国人を殺し、殺され、戦死者をだすという危険が現実のものとなります。戦争法の中心は、集団的自衛権です。日本が攻撃されていないのに、アメリカと一緒になって戦争する。戦争を放棄し、戦力を持たないと誓った、憲法9条を乱暴に踏みにじるものです。アメリカ軍の身代わりに、日本の自衛隊員、若者の命を危険にさらすことを許してはなりません。

第2に立憲主義をこわし、法治国家の土台を危うくします。

立憲主義というのは、最近テレビなどでよく聞かれるようになりましたが、憲法によって権力をしばり、憲法に基づく政治をおこなうということです。たとえ国会で多数を持つ政権であっても、憲法の枠のなかで政治をしなければなりません。

しかし、安倍首相は憲法などおかまいなし、自分の好きなようにやる。憲法を守って政治をするつもりがまったくありません。

第3に、安倍首相は、今の憲法を変えようとしています。自民党の改憲案は、憲法学者が「とても憲法と呼べるものではない」と言うぐらい、頭からお終いまでひどい内容です。

とりわけ危ないのが緊急事態条項。戦争や大きな災害が起きたときには国会を開かなくていい、法律もいらない、選挙もしなくていいと書いてある。ときの権力が自分たちのいいように国を動かす。これが独裁政治でなくなんでしょうか。

アジアで2000万人もの人々を殺し、ヒロシマ、ナガサキ、沖縄など、おびただしい犠牲、たくさんの苦しみと哀しみをへて、二度と戦争はしないと誓った日本国憲法。自民党は、この憲法が邪魔で、とりかえたい。自由に物も言えない、あの戦争の時代に後戻りすること、決して許してはなりません。

みなさん

参議院選挙で問われる二つ目の大きな問題は、「暮らし」を守ることです。アベノミクスが始まって3年。みなさんの暮らし、良くなったでしょうか?良くなっていませんよね。大企業を応援すれば、いずれは家計に回ってくる、いずれは地方へ回ってくると、国民の暮らしそっちのけで大企業を応援してきた。これが間違いのもとなんです。

消費税が8%になって2年、暮らしは大変です。給料は増えない、年金も減っているのに消費税が上がれば、ものが売れなくなるのは当然で、景気がよくなるはずがありません。
 
みなさん

では、どうやったら私たちの暮らし、よくすることができるでしょうか。

日本共産党は、3つの提案をしています。1つ、税金の集め方を変える、2つ、税金の使い方を変える、3つ、働き方を変える。この3つを変えて暮らしをよくします。

第1に、税金の集め方です。消費税10%はきっぱり中止する。大企業と大金持ちに応分の負担をしてもらう。安倍政権は国民の負担を増やす一方で、大企業には4兆円もの減税をしています。さまざまな優遇税制がありトヨタなどは儲かっていても5年にわたって法人税ゼロ。こういうことをやめさせます。

第2に税金の使い方です。福祉と暮らし優先に切り替えます。年金を増やす、医療費の窓口負担を減らす、介護保険の負担を軽くする。高すぎる大学の授業料半額にする保育士さんの給料も大幅にひきあげ、保育士さんが増えるようにします。

税金を思い切って福祉と暮らしのために使います。

第3は働き方です。ブラックな働き方をなくす、人間らしく働けるルールをつくります。残業を規制し労働時間を短くします。非正規から正社員への流れをつくります。

最低賃金をいますぐ時給1000円にし、1500円をめざします。

大企業応援から国民の暮らし最優先へと経済のあり方、大きく変えていく。日本共産党の躍進こそ、この改革を実現する大きな力になることを強く訴えたいと思います。
 
みなさん

日本共産党府中町支部はいま、みなさんのお宅にアンケートをお届けしております。「信号機をつけて欲しい、道路や歩道の凸凹を直して欲しい、風疹のワクチンを接種できる対象を広げて欲しい」など切実な声が、たくさん寄せられています。

私たち日本共産党は、みなさんのねがい実現のために力を尽くしたいと思います。何でも結構ですので、ご要望をお寄せいただきますようお願いします。

日本共産党は、「しんぶん赤旗」を発行しております。毎日届く、日刊紙、週一回の日曜版。政治や社会のことがよく分かると好評です。これを機会にご購読をお願いいたします。

みなさん

安倍政権に代わる新しい政治、ご一緒につくっていこうではありませんか。力をあわせて未来をきりひらいていきましょう。

日本共産党へのご支援を心からお願いいたしまして、私、日本共産党・府中町政策委員長、二見伸吾の訴えを終わらせていただきます。ご静聴ありがとうございました。

ご近所のみなさん、大きな音でご迷惑をおかけしました。ご協力大変ありがとうございました。

(5月22日)

*************************

この演説に対応している日本共産党のビラ→  「しんぶん赤旗」2016年4・5月号外

日本共産党の参議院選挙の政策は 「2、参議院選挙の政治論戦について」をごらんください→ 第5回中央委員会総会決定(2016.4.10-11)

日本共産党リーフ「安倍政権が史上最悪 学費値上げ 学生、父母、大学人の共同でストップを

授業料とともに、「高すぎる奨学金」の実態について →「大学卒業とともに借金800万円」
08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。