パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: どすこい   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

どすこい 「ちむぐりさ いまあなたと」

 「ちむぐりさ」  詞 どすこい 曲 栗栖慎一

 →ここで聞けます


☆ちむぐりさ 私の胸に
 ちむぐりさ いま
 ちむぐりさ 思いが募る
 あなたと手を繫(つな)ぐ

1.イクサ世(ゆぅ)を生きた
鉄の暴風に襲われ
騙され脅された
逝きて還らぬ命

2.アメリカ世(ゆぅ)を生きた
銃剣で追い払われ
暮らしを奪われた
戦場へ飛ぶジェット機

*イクサ世やシマチ
 弥勒世やヤガテ
戦争の世は終わり
平和がやってくる
ヌチドぅ宝 命こそ宝

3.大和世(ゆぅ)を生きる
基地はいらないこの島に
涙もいらない 
美ら海がはぐくむ命
*くりかえし

4.弥勒世(ゆぅ)やいつ来る
仏桑華の花ゆれて
どこからか聞こえる
見知らぬ友のエール

*くりかえし

☆くりかえし

「ちむぐりさ」は、肝苦さと書き、人のつらさ、苦しみをわが身 のように感じることです。
スポンサーサイト

Category: どすこい   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

どすこいブラザーズ 「戦(いくさ)へ行くな」



詞 二見伸吾/曲 栗栖慎一

※行くな 殺すな 殺されるな
 行くな 行くな 戦(いくさ)へ行くな

一、朝鮮戦争があった
  ベトナム戦争があった
  ソ連がアフガンヘ攻めていった
  湾岸、イラク、またアフガン
  逃げまどう 子どもたち
  轟々と燃える 街と家
  銃を構えた 少年たち
  息をひそめた 女たち

※繰り返し

二、日清戦争があった
  日露戦争があった
  満州から中国、アジア全土へ
  奪い 殺し 焼き尽くした
  慰みものの 少女たち
  餓えて斃(たお)れた 兵士たち
  盗んで食べた 少年たち
  兵士を送った 女たち

※繰り返し

三、息もできず火だるまになった
  ガマの中で焼かれた
  倒れた人を踏みながら 逃げた
  恋人は帰ってこない
  戦争はしないと誓ったあの日
  恐怖ではなく自由を
  貧しさではなく豊かさを
  平和を生きる私たち

※2回繰り返し


08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。