パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 青年   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「いまどきの青年は…」という落とし穴

澤地さんの講演を聞いて、以前に書いた原稿を思い出した。
『医療労働』(日本医療労働会館発行)2004年10月号「青年をどうとらえ、どう労働組合運動を活性化させるか」
以下は、その冒頭部分です(最後まで読んでみたいという人はメールをちょうだい)。
僕もまったく澤地さんと同じ思いです。

1980年代青年だった僕らもそうとうひどいこといわれたからね。僕はぜったいに「いまどきのおっさんは」といっても、「青年」の悪口は言わない。

一人ひとり個性ある人間なんだから。青年もおっさんも。



●否定的青年像の数々

「三無主義(無気力・無関心・無感動など)」「シラケ世代」「青年の保守化」(1970年代後半~80年代)
「新人類」(1980年代後半)
「エイリアン(異星人)」(1990年代前半)
「パラサイト・シングル(寄生虫)」(1990年代後半~)……。

 まあ、なんとひどい否定的な青年像でしょう。これら否定的青年像が問題視され語られるようになったのはおそらく高度経済成長期が終わる1970年代後半からではないでしょうか。そして実にたくさんのレッテルが青年に貼られてきました。

 これらの言葉があらわす青年像は、表面的で断片的な現象を一面化し、誇張して描いたものです。
 「三無主義」と呼ばれてきたかつての「青年」はもうすぐ50代。「シラケ世代」は40代になっています(私はこの世代)。なぜか、いまどきの中年は「三無主義」だとか「しらけている」とは言われません。青年に対してだけ、否定的な言辞が繰りかえされているのです。

●青年と大人の世代へのくさび

 まず第一に注意したいのは、これら否定的青年像は、青年と大人の世代にくさびをうちこむ働きをしていることです。私たちの後継者であり、共同作業者(=仲間)であるはずの青年が、理解しがたい存在で、対話と共同がなりたたないかのような存在として描かれている。

●共通性はあるが一人ひとり個性的な存在

 第二に、それぞれの「世代の特徴」はありますが、一人ひとり個性があり、個人差があることです。けっして十把一絡げにすることはできません。これはあらゆる世代にわたっていえることですが、たとえば政治や社会に対する関心についても、関心の高い人、ぼちぼちの人、低い人、がいるのは当然です。

 世代論の落とし穴は、この当たり前のことをしばしば忘れさせることにあります。 そして、いくつか否定的な青年の現象にふれると、「いまどきの青年は…」という不当な一般化、普遍化がされる。中高年の場合はどうでしょう。否定的な中高年の現象もけっこう多いと思うのですが、そのときは「あの人は…」となって、けっして「いまどきの中年はなっとらん」とはならないでしょう。

 かつてもいまも、実際にはまじめで前向きな青年も多いのですが、ここに目がいかない。また、一見、否定的青年像そのもののように見える青年であっても、よく話してみるとけっこうまじめに考えていたりもするのです。しかし、紋切型のレッテルで青年をみてしまうと、青年の内実にせまることがないのです。

●青年期は激しく成長する季節

 第三に、青年期はよく疾風怒濤の時代ともいわれますが、青年はもっとも激しく成長し発達する自己形成の時期だということです。ですから、あれこれの否定的現象を固定的にみていてはダメで、変わるものとしてみ、働きかけ成長を促すことが大切です。

 否定的で紋切型の青年像は、大人の側から青年へ働きかけないことの最大の口実となっているのではないでしょうか。いま、否定的青年像を乗り越え、大胆に青年への働きかけを強めることが求められているのです。


スポンサーサイト
11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。