パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

ギャンブル依存症500万人以上 なのに、なぜカジノ?

ギャンブル依存は精神疾患

昨年8月、厚労省・研究班は500万人以上がギャンブル依存症の疑いがあると発表しました。成人の約5%にあたり、男性が約400万人(8.7%)、女性が約100万人(1.8%)。福岡県民(509万人)と同じだけギャンブル依存症がいることになります。世界のほとんどの国が1%ほどなのに比べ異常な多さです。

日本には約1万2千軒のパチンコ店があり、パチンコやパチスロなどに接しやすいことが原因だといわれています。

作家で精神科医の帚木蓬生(ははきぎほうせい)さんは「(ギャンブル依存症は)ウソと借金を重ね、家族を崩壊させる。判断能力を失い、犯罪へと走る」といいます。

ギャンブルにのめり込むのは本人の問題だと思われがちですが、れっきとした精神疾患(正式名称は「病的賭博」)です。幻覚や手の震えといった離脱症状はアルコール依存が1週間程度に対し、ギャンブル障害は1~2ヶ月もかかり、治療薬もありません。

カジノをつくってどうするの?

ギャンブル依存症への対策をたてることが求められていますが、安倍政権は対策を講じるどころか、カジノ合法化に向けてまっしぐらです。安倍政権は、カジノ解禁を成長戦略の柱と位置づけており、2020年の東京五輪までにカジノ施設を開業させたい。そのためにカジノ法案を自民、維新、次世代の3党で衆院に議員立法として提出し、会期内の成立をめざしています。

賭博はれっきとした犯罪行為(刑法185条)です。暴力団も絡み、さまざまな犯罪の温床になります。ギャンブル依存症や家庭崩壊も今以上に広がることでしょう。カジノで潤う企業は一握りです。誰かが儲ければ、誰かが損をするのがギャンブル。経済成長に役立つはずもありません。

(広島中央保健生協 憲法を学ぶ大運動 推進ニュース「憲法診断」№51より)



1307__2__.jpg
(蛭子能収さん)

スポンサーサイト

Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

35億人≒80人 広がる格差と貧困

広島中央保健生協 憲法を学ぶ大運動 推進ニュース「憲法診断」№44

世界的な格差と貧困の広がりをとりあげました。
人口の1%が世界の富の半数を所有しており、80%の人全体で5.5%という構造です。

編集長から「1%といえば約7000万人。そんなに富裕層はいるのですか」と聞かれました。(報告書では3700万人。子どもは含まれませんので)

オックスファムの報告書では「上位1%」の資産は平均で270万ドルと指摘していますが平均ですから、当然「それ以下」の人がかなりいるはずです。どのくらいまでの資産所有者を富裕層と規定しているのか知りたいところですね。

別の調査、ワールドウエルネスレポート2014によると
資産100万ドル(1億2000円)以上の富裕層は世界全体で1370万人です。

    →PDFはこちら

憲法診断44-001

憲法診断44-002



Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

イスラム国 日本人2人殺害を警告

広島中央保健生協 憲法を学ぶ大運動 推進ニュース「憲法診断」№43

幻の43号の見出しは「安倍首相は日本をテロリストの標的にするのか」。
そして事件が起きました。昨日つくった第1稿の見出しは「二人をテロリストの標的にしたのはだれか」です。本文全体もそういうトーンで貫かれ、裏面にはテロリストの声明まで載せました。
つくったものの、自分でも今ひとつしっくりこない。


編集長に見せると、「事態もまだ分からない点も多く、もう一日待ってみましょう」と。

一日寝かせて、作り直したのがこれです。
安倍首相の発言は許せませんが、かれはいわば「共犯者」。主犯である「イスラム国」への批判を正面に据え直しました。

裏面はアムネスティの記事を転載。

 →憲法診断№43

憲法診断43-001


憲法診断43-002






Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「後方支援」は外務省のペテン誤訳

広島中央保健生協 憲法を学ぶ大運動 推進ニュース 「憲法診断」№42

 →pdfはこちら

憲法診断42-001

憲法診断42-002

Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

今年は節目の年 戦後・被爆70年

あけましておめでとうございます。

広島中央保健生協 憲法を学ぶ大運動 推進ニュース「憲法診断」№41です。

新年号は、明るい話題にしたいと
あれこれ考えたのですが、憲法と平和をめぐる問題でも
医療と社会保障についても、ろくなニュースがありません。

「他国軍後方支援に恒久法」(12/29)
「介護保険料軽減 大幅に圧縮」(12/30)
などなど改悪ばかり。

今年は戦後・被爆70年であり、当生協60周年という節目の年ですので
20世紀初頭から今日まで「5」のつく年に何があったのかを
戦争と平和の問題を中心に抜き出してみました。
歴史の流れを感じ取ってもらえればいいのですが。

 →憲法診断№41 pdf

憲法診断41-001
憲法診断41-002


11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。