パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 都知事選   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

烈しく熱い宇都宮さんの姿をみて、さらに奮起する木内みどりさん

1537667_578149225612015_683807715_o_convert_20140115194452.jpg

昨日、水野誠一さんのツイッターを紹介しましたが、今日は木内みどりさん。あわせて読むとさらによし。



おはようございます。

どういう訳か、宇都宮さんに降りてくれコールをお伝えする役回りとなり、わたしひとりの方が宇都宮さんは耳を傾けてくれるのでは、、、という意見で、私がひとりでお会いし、名誉ある撤退を、、、ということをお話ししました。
それが一昨日。ーー

宇都宮さんはブレません。

勝てそうもないという作られた空気の中で細川さんがまだ正式出馬もしていなくて政策議論もしないで、白旗あげるなんてことはできません。97万人の信頼とこの選挙を戦うぞという支援者の方々を裏切ることはできません。

でも相手は巨大です。

選挙のプロ中のプロが人生最後の選挙をしようというのです。最新式戦車と子ども三輪車くらい違うのです。選挙が始まって毎日毎日突きつけられる「差」に傷つきます。

そんなことは経験済みです。日弁連会長選挙もこちらは三人で相手が東京と大阪合わせて一万人という不利の中、戦いました。ヤクザの脅しなど散々経験してきました。
傷ついてなんかいられません。傷つく姿を見たくない尾羽打ちからした姿みたくないと心配してくださるなら、手伝ってくださいよ。

決めるのは都民なんです。

裏で取り引きして決めるなんてそれじゃ、今までの繰り返しです。
そこを乗り越えるのです。運動ってそういうものです。

鎌田さんに言ってください。細川さんに会ったのですか?この人になら託せると信頼したのですか?会ってもいないのにこちらが勝ちそうだ、、というだけでいままでの長い運動を任せていいのですか。

時にいつもの温厚な宇都宮さんではない、不動明王のような怒りの炎が見えるような、
烈しく熱い宇都宮さんを知りました。

感動しました。脱原発が票割れして負ける。その時が来たら誰にも相談せずご自分で決められる可能性もあると感じました。なにしろ周りが弱体です。

小さいきっかけが実り、座間宮ガレイさんと繋がりました。
名護においでよ。ここからだよ、都知事選はもうここから始まってるよ。

真夜中のツイキャスで見つけたウルトラC。山本太郎さん三宅洋平さん選挙のベースを作った座間宮ガレイさんと横川圭希さんと繋がり、ここを拡げて行けば逆転できるかも、、、と、沖縄、那覇に飛んできてご飯しました。多いに可能性あり、です。

名護市長・稲嶺すすむさんへの必勝祈願檄文を宇都宮健児さんの代理でお渡ししてきます。

説得できなかったのですね、残念です、、という失望メールをいただきました。
が、だれがあの宇都宮さんを説得などできましょうか。自分のできることを見つけてやっていく。今は、行動するときです。今、行動しなくていつやるの?

名護市長、稲嶺さんが会ってくださるそうです。ここ那覇から名護へ移動します。大胆なことをしている自覚がありません。ひとりで自然な流れに乗っているだけなので疲れもいつも通りです。

さ、窓を開けて、今日の始まり始まり〜

スポンサーサイト

Category: 都知事選   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

都知事にふさわしい誠実な人柄 JC主催の討論会に出席せず

舛添、細川両氏ともJC(青年会議所)主催の公開討論会に参加しませんでした。二人とも都知事にふさわしい誠実な態度ですねえ。

以下、宇都宮けんじさんの会見要約です。


細川護煕氏、桝添要一氏出馬を受けて


本日予定されていたJC主催の公開討論会へのは、私だけ。
他の候補予定者が参加しないため中止になってしまいました。

政策を検討して投票するという有権者の権利を奪う行為であり、正々堂々と討論することを求めます。
脱原発での一本化についての質問も多くいただくが、私たちは、公開の場で堂々と公開討論を求めています。

そうした重要な問題についてはコソコソやってはならない。

細川さん自身からも、その周辺からも、こちらの声かけには一切の反応がありません。
会ったこともない、話したこともない候補者と一本化するしないという話になるはずもない。
都政は、原発だけではない。

原発問題についても、原発をゼロにするだけではない。

東京にも多くおられる被災者のこと、汚染問題などにも向き合いながら考える問題である。

Category: 都知事選   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

朝日新聞の「仏の顔」は4度目もあるようだ

細川護煕


今朝(1月15日付)の朝日新聞コラム「天声人語」は細川氏の出馬を次のように書いている。


さしずめ〈筆(ふで)を投(とう)じて戎軒(じゅうけん)を事(こと)とす〉の心境だろうか。戎軒とは戦車のこと、あるいは戦(いくさ)のこと。唐詩選にある有名な「述懐(じゅっかい)」を、細川護熙氏はかつて自著に引いて、「天下を争う戦いに、筆を投げ捨てて乗り出した」という訳を添えた。

政界を退き、詩、書、画、陶芸を心の友として過ごしてきた元首相が一転、東京都知事選に立候補する。それを、やはり首相経験者の小泉純一郎氏が応援する。掲げる旗印は「脱原発」。驚きの展開である。

エネルギーや原発政策は国策であり、首長選にそぐわないという議論はある。しかし、都知事選で光を当てることの意味は大きい。福島の事故の後に行われた一昨年の衆院選でも去年の参院選でも原発の扱いをめぐる論戦はかすんでいた。

都は並の自治体とは違う。最大の電力消費地であり、エネルギー問題の当事者にほかならない。立地の危険を地方に引き受けてもらって傍観しているわけにはいかない。今回、都民はわがこととして熟考するまたとない機会を得る。

都民だけの問題でもない。私たちの日本は未来の子孫に何を残すのか。世代を超える難題が永田町の政党政治は苦手だ。民主主義にはデモも住民投票も必要だし、地方政治も一翼を担う。首都という大舞台での論争なら、全国民の注目が集まろう。

先の「述懐」は〈功名(こうめい) 誰(たれ)か復(ま)た論(ろん)ぜんや〉と結ばれる。手柄を立てて有名になりたいなどと、だれが思うだろうか、と。勝敗はともかく、候補者同士の無私の論戦を切に望む。




つぎは、フェイスブック仲間に紹介して貰った1998年5月2日付天声人語である。二つの天声人語をよく読み比べていただきたい。もちろん筆者は違うのだろうけれども、16年の月日が流れ、「過去のことは知らない」と天声人語、おまえもか!「仏の顔も三度」と言っておきながら、四度目は猫なで声ですか。



二度あることは三度ある。細川護煕(もりひろ)氏が、代議士を辞める、と発表した。「唐突な辞任」は、これで三度目だ。

最初は、熊本県知事だった八年前のこと。三期目も出るとの観測が一般的だったのに、「不出馬」を表明した。中央でも地元政界でも「突然」と受けとられた。細川氏は心境を〈花ニハ十日ノ紅無シ、権ハ十年久シカラズ〉ということばを引いて説明した。花の色は十日ともたず、権力の座も十年いたら腐りはじめる、の意味。それなりに明快だった。

しかし二度目の「突然」、四年前の首相退陣のときは著しく明快さを欠いた。辞任記者会見で細川氏は、佐川グループからの借入金、NTT株取引、その他の疑惑の言い訳に追われる。だが、説明は不十分。村山富市・社会党委員長(当時)の「夜騒ぐ男じゃのう」だけが記憶に残る。国民福祉税導入騒ぎや内閣改造騒ぎなど、深夜に及ぶ事件が多かった。

代議士辞任発表の今回が三度目。やはり理由がぼんやりしている。ご先祖の細川ガラシャや細川頼之ら三人を動員した声明文を読んでも、よくわからない。そこで推測が飛び交う。ただし仏の顔も三度、人びとの反応に冷淡さが見える。冷笑的でもある。からかいさえ感じられる。

けれども細川氏の立場を考えると、失笑して済ませるわけにはいかない。ここははっきりさせてもらおう。唐突、勝手に「六十歳定年」を唱えて、仏の顔も三度。

「野にあって物申すことはある」と会見で話した。資格なし、遠慮してもらいたい。補欠選挙での後継者を指名したらしいが、こんな形で辞任する人物に指名権はあるまい。細川氏の言動に、いまの政治家のあしき面を見る。責任逃れと大いなる説明不足。

Category: 都知事選   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

細川護煕元首相の都知事選出馬報道を巡る見解

「宇都宮けんじニュース」第9号(2014年1月14日号)から転載します。


「脱原発」を掲げる細川護煕氏の立候補が報じられています。脱原発は私たちの掲げる基本政策の一つであり、氏の出馬により脱原発が都知事選の争点となり、関心が高まることには大歓迎です。昨日、報道関係者あてに以下のようなプレスリリースを出しました。

* * *

報道関係者の皆さまへ

 細川護煕元首相の都知事選出馬報道をめぐり、「希望のまち東京をつくる会」は、本日、下記の見解をまとめましたので、公表いたします。

1.宇都宮健児氏は、福島原発事故発生時の日弁連会長として、事故直後から原発事故被害者の救済と脱原発の実現のために全力で取り組んできました。その後も、脱原発の市民活動に自ら参加し、脱原発政策実現の先頭に立ってきました。
「希望のまち東京をつくる会」は、来る都知事選挙において、東京都政をめぐるさまざまな課題についてはもちろん、東京から脱原発政策を進めていく観点からも、宇都宮健児氏が最善の候補であると考え、この選挙に関する取り組みを進めています。

2.「脱原発」を掲げる細川護煕氏が立候補を検討していると報じられています。脱原発は私たちの掲げる基本政策の一つであり、細川氏の出馬により脱原発が都知事選の争点となり、関心が高まることに私たちはおおいに注目しています。しかし、細川氏が政治家としての長いキャリアの中で脱原発を唱え始めたのは最近のことであり、東京都の政策としてどのような脱原発政策を表明されるのか、その具体的内容については、いまだ不明です。細川氏の立候補表明のあと、オープンな討論を行なっていきたいと思います。

3.脱原発で一致する宇都宮と細川氏が分立することは、原発推進政党が支援する候補者を結果的に利するのではないか、という声があります。私たちは、そうした声に謙虚に耳を傾けたいと考えます。一方、私たちが掲げている基本政策のうち、福祉や雇用、まちづくり、教育、憲法と平和といった重要なテーマでの細川氏の政策は現時点では明確ではありません。いずれにしても、宇都宮の政策を支持してくださっている方々の選択肢を、自ら失わせるようなことを安易に決めるようなことは、ありえません。

4.私たちは、細川氏が正式な立候補を表明された後、なるべく早い時期に、オープンな環境で、宇都宮候補との対話と討論を行うことを提案します。どちらの候補が都政を都民の手に取り戻し、真の脱原発政策の実現につながる候補であるかを有権者に判断していただきたいと考えます。
                                    
      以上

Category: 都知事選   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

愚直なまでの倫理観 不死身の傑物 宇都宮けんじさん

_宇都宮



水野誠一さんがツイッターで次のように発言しています。傾聴に値する意見ですね。


 「かつて西武百貨店社長、慶応大学SFC特別招聘教授、米ネットスケープ社顧問、参議院議員(さきがけ政調会長)などを歴任後、2001年浜岡原発と東海地震が心配になって突然静岡県知事選に出馬し57万票を獲るも敗戦。今回の原発事故以来、浜岡の廃炉を再び訴えています」(ツイッターのプロフィールから)


【謹告①】細川氏出馬により、宇都宮さんを取り巻く支援環境が極めて脆弱になり、これでは、宇都宮氏に名誉ある撤退を薦めることも必要かと一思量し、今夜妻が宇都宮さんに会いに行き彼の考えを質したが、彼しかできないと愚直なまでに信じる闘いの覚悟は全く揺るがずということが分かった。

 女優の木内みどりさん

【謹告②】選挙情報が乏しい中、我々夫婦が知り得た外部情報は適時宇都宮氏の耳に入れているが、それも承知の上で、細川氏に対する的確な評価と清々しいまでの覚悟があったという。選挙常識や世間一般常識で、細川氏の支援に回った人たちには理解出来ないだろうが、この信念が失せた政治に明日は無い。

【謹告③】政府軍に立ち向かう反政府軍本隊と、村落のゲリラ軍。あるいは戦車隊とコドモ三輪車隊(妻の表現w)くらいの体制差ではあるが、ゲリラが敵の大将の首を取ることが出来ないとは限らない!そもそも静岡知事選でもそんな闘いをしてきたのだから、いまさら常識に惑わされることもないかも。

【謹告④】今日、細川陣営のキーマンと話したが、あまりにも宇都宮氏の評価が低いので啞然。票を分かつよりも合流した方がイメージ的にマイナスだとまで言われていたので、この宇都宮氏の判断は正しいだろう。JCの公開討論に宇都宮氏以外の候補が名乗りを上げないらしいが、堂々と議論したらどうだ。

【謹告⑤】勝ち負けや損得を越えて、この愚直なまでの倫理観に半ば呆れながらも敬意を表し、出来る範囲で応援することにした。この人は自己満足だけの愚か者ではないかと思ってたが、そんなことを超越した実は不死身の傑物なのかもしれないという気がしてきた。少なくとも細川氏よりは傑物かもね。w







04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。