パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

松井隆志さんの【ロング書評】反「反原発」論!?─「リアリティ」の内実について、を読んで

開沼博著『「フクシマ」論─原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社、2011年)について、ピープルズプラン研究所のHPに掲載された松井隆志さんの【ロング書評】反「反原発」論!?─「リアリティ」の内実について、を国公労連の井上伸さんが昨日(3月13日)フェイスブックで紹介していて、書評を興味深く読みました。

 もともとの開沼著を読まず、書評を通じて何かを述べるのはいかがなものかと思いましたが、感想を2つ。
 
 ひとつは、ロング書評のサブタイトルにもあるように『「フクシマ」論』にはリアリティ(現実性)が欠如ないし弱いのではないか、ということです。

 少なくても、鎌田慧さんが足で歩いて書いた『原発列島』(集英社新書、2001年)を読んでいれば、ことはそう単純ではないことが分かります。

 自民党政治がつくり出した過疎の自治体に電力会社は膨大なカネをばらまき、施設をつくる。しかし、「巨大施設をつくってもらった自治体は、自己負担の起債分と施設の維持費で、財政パンクの危機に瀕する(鎌田著、197ページ)。また、反対運動をカネや接待で切り崩していったのです。
 
 「金の力で建設されてきたので、『金権力発電所』というのが、わたしの原子力発電所にたいする批判だが、これまでどれほどの策謀と裏切りをつくりだしてきたことか」(同)。 

もう一つは、責任の問い方、その軽重の問題です。

 松井さんは言います。

 「最も責任が重い者たちに向かってその責任追及を完遂することは、自分の責任を他人になすりつけることと同じではない。むしろ、二度と同じ過ちを繰り返さないため、あるいは自分の誤りを明確にするためにこそ、『犠牲のシステム』の切開とその責任追及を目指すのだ」

この文章を読んで、岩波現代文庫版の家永三郎著『戦争責任』に澤地久枝さんが書いた「解説 これからの課題」の、下記の部分をを思い出した。

 「この本では、敗戦時満14歳で植民地『満州』にいたわたしの『戦争責任』も免責されてはいない。私の戦後の原点は、己れが戦争中に身をおきかつ果たした役割の痛切な自覚にあるといえるかも知れない。しかし、『戦争責任』が女子供をふくめて広く広く問われているのに反して、昭和天皇の戦争責任についてはあまり力点がおかれていないと感じる。そのため、戦争責任の所在は求心的であるよりまとまりにくいものになっていないだろうか」(457ページ)

 開沼著も同じなのではないだろうか。
スポンサーサイト

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

I have a dream

DSC_0347_convert_20120827010359.jpg


私には夢がある

ヒロシマに本社がある中国電力が
日本で真っ先に原発を廃止することを

私には夢がある

広島市内に流れる太田川
山手川、福島川。それが一つになった太田川放水路
天満川、本川、元安川、京橋川、猿猴川
そして支流にも
古式ゆかしい木製の水車がつくられ
小水力発電がされることを

水車のまわりには
子どもたちが安全に水遊びができる
親水公園がつくられることを
子どもも大人もはしゃぎ
魚がはね、鳥たちがとびかう

私には夢がある

子どもたちの暮らす施設、
児童館、学童保育の施設に
公的責任でエアコンが設置され、
太陽光パネルによって生み出される電気で動くことを

私には夢がある

50度を超すこともある給食調理室すべてがドライシステムとなり
エアコンが設置され、快適な労働条件の下で給食がつくられることを
この電気も、自然エネルギーでまかなわれる

私には夢がある

大企業の儲けより、子どもたちのいのちが大切にされる
社会と政治がつくられることを

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

中核・革マルの醜い策動

週刊ポスト8.31

『週刊ポスト』8月31日号に「脱原発の敵はサヨクとネトウヨだ」という記事が出ていたので買って、読んでみました。

官邸デモ主催者のMisao Redwolf(ミサオ・レッドウルフ)さんと自由報道協会代表の上杉隆さんの対談です。

僕は左翼だから、どんな風に批判されているのかとどきどきしながら読んだら、「サヨク」として批判されているのは中核と革マルでした。

以下、記事からの引用。

上杉隆 自由報道協会の会見(7月27日)でも、セクト(新左翼)を名指しで批判して
ましたよね。

Misao 私は5年ほど前から反原発のデモや集会に取り君でいて、3・11以前も反原発の集会などをすると、革マルや中核っていうのが来るわけですよ。私はその頃からとにかくアンチセクトでやっているるんですが、(参加しないでくれ、という)クレームをつけると面倒くさいので、来られても放置みたいな状況でした。

 いま、私たちの反原発連合では、組織や反原発以外ののぼり旗を立てない、勧誘のビラを配らないといった(自主的な)ルールを設けています。それは反セクト的な意味だけじゃなくて、一般の人が入りやすいという理由もあるんですけど、それで裾野がが広がった。だんだんシングルイッシュー的な部分が理解されて、運動が成熟してきたわけですが、やはり最後はこの問題なんですよ。

 結局、デモが巨大化してから、(セクト系が)またドーッとくるようになった。でも、これに始末をつけなければ、本当の意味での市民連動にならないっていう思いが私の中で強い。

 去年前半もいろんなデモが盛り上がったけど、やっぱり革マルが入り口でビラを配ったり、のぽりをを立てていた。中核なんて主催者名を書かずに、あたかも自分たちが呼びかけ人であるかのような乗っ取りフライヤー(チラシ)を勝手に作ってオルグ(勧誘)に利用しょうとしていた。こうしたことをいまやられると、マイナスにしかなりません。

上杉 (元首頼の)鳩山由紀夫さんは官邸デモに参加したあとに、「(運動は)とてもいいことだけど、セクトが来ているから、僕はちょっと2回目は行けないな」といっていた。(民主党衆院議員の)川内博史さんも、7・29の国会包囲デモに行った際、セクト系の団体に「政治活動するな」と注意したら、保守反動扱いされて罵倒されたそうです。

Misao 7・29のデモでは、日比谷公園での集会のときにビラを配ってましたね。彼らのタチが悪いのは歩道から車道にデモの列が決壊してしまったときに、いきなり前に来て自分たちの旗をバーンと先頭で立てて、それを自分たちの会報に載せるっていうやり方をすること。7・29のときも、集会が始まる前に管轄の警察署の警備の人が「革マルがいるから」って教えてくれました。私たちの「共通の敵」ですから。

原発は要らないっていう純粋な気持ちで来ている参加者が多いので、そこを草刈り場にしてほしくない。セクトの人たちもはんとに原発を止めたいっていう気持ちなら、旗を下ろして参加すればいい。

上杉 記者会見では右翼団体にも言及及していました。

Misao 一度、在特会(在日特権を許さない市民の会)に、官邸前に選挙されたことがあるんです。ちょうど参加者が4万人を超えたぐらいのときで、向こうは20人ぐらいで色々いってきて。最終的には警察の説得で退場しましたけどね。でも、彼らは本物の右翼じゃなくて、ネトウヨ(ネット右翼)でしょう?


しごく、まっとうなやりとりでほっとしました。

中核や革マルは「左翼」を偽装する暴力団で、「内ゲバ」といって互いに殺し合いをしてきたセクトです。

僕も法政大学時代に、彼らのやり方はおかしいと批判したら、「学生自治の敵 日本共産党・民青 二見を許すな」というビラをまかれて1か月ほど授業をうけることを暴力的に阻止された経験をもっています。

人殺し集団に「反原発」=「命を守れ」という集会に参加する資格はありません。

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ていろう君が着ていたTシャツはこれ ガミ師匠へ

taritetano02.jpg

注文・問い合わせは

→ サバイバルデザイン

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

原発は安全 地震だってへっちゃら。

s_atmic09.png

 東京電力が以前、子どもたちに配っていた「未来へのパスポート」。「地獄へのパスポート」だね。


 今度、事故が起きても「想定外」で「ただちに健康に影響はありません」とうそぶくのだろうか。

 「資本は、社会によって強制されるのでなければ、労働者の健康と寿命にたいし、なんの顧慮も払わない。肉体的、精神的萎縮、早死、過度労働の拷問に関する苦情について、資本は次のように答える。
「われらの楽しみ(利潤)を増やすのに、そんなことにかまってられるかい」
(『資本論』第8章労働日、新日本新書版464ページ)

 デモ(パレード)、署名、抗議はがき、集会、自治体を含めた首長・議員選挙…。社会的なバリケードをつくって「強制」しないかぎり、同じ過ちを繰り返すことになるでしょう。

fukusima01.jpg


08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。