パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 労働運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

公務員いじめをしても国民の生活はよくならない

【参議院総務委員会】宮垣委員長の参考人発言(全文)

28日、民主・自民・公明三党が提出した「国家公務員賃下げ法案」が参議院総務委員会で、賛成多数で可決されました。

 採決に先だつ質疑で、国公労連の宮垣忠委員長が、以下の意見を表明しました。

これをよく読んで、公務員の賃下げがけっして国民の利益にならないことを知って欲しいです。

国公労連オフィシャルブログ「クロスロード」より転載。


o0381019311821691930.jpg
(写真右端が宮垣忠さん)
 
 ○山下芳生(よしき)議員

 本日は、日本国家公務員労働組合連合会の宮垣委員長に参考人としてきていただいています。

 平均0.23%削減を求めた2011年度人事院勧告を昨年4月にさかのぼって実施した上で、2012年度、2013年度に平均7.8%削減する「国家公務員給与の改定及び臨時特例に関する法律案」について、現場の第一線で働いておられる国家公務員のみなさんは、どう思っておられるのか、率直な意見を宮垣委員長にお聞きします。

 ●宮垣

 国公労連委員長の宮垣です。こうした意見表明の場を与えていただきましたことに、感謝申し上げます。

 昨年3月11日の東日本大震災では、自衛隊のみなさんも活躍されましたが、国の出先機関や地方自治体で働く公務員も活躍しました。

 震災直後に道路などのライフラインを整備し、仙台空港をいち早く復旧させた国土交通省の職員、被災した多くの労働者に心温かく接した労働行政の職員、国民の財産や権利を一生懸命守った法務局の職員、被災にあった住民を支えた自治体の職員など、自ら被災にあって、家が流され、家族も失いながら、不眠不休で被災者の救援活動にあたってきました。また、全国各地の国や地方自治体の公務員が被災地に派遣され救援・復旧業務を続けました。今後、長期にわたる被災地の復興の先頭に立つのも、やはり私たち公務員です。

 こうした国や地方自治体の公務員が、賃金の削減を6か月を超えない範囲内で猶予される自衛官と比べて、どこが劣っているのでしょうか。

 また、国会議員の公設秘書の給与は、7.8%まで引き下げずに、人事院勧告通り平均0.23%の引き下げにとどめる秘書給与法改正案が衆議院で可決しました。

 自衛官や公設秘書に特例を設けるのであれば、せめて、自らも被災し、被災者のために一生懸命に尽くした被災地の公務員に対する特例があってもいいはずですが、この法案には、それさえもありません。

 なぜ、労働基本権制約の代償措置である人事院勧告のマイナス0.23%を超えて、平均7.8%まで生活の糧(かて)である賃金を下げられなければならないのでしょうか。

 課長・室長以上は、10%以上の賃金カットになります。10%の賃金カットは、懲戒処分の水準です。それも懲戒処分の期間は、普通、2か月から3か月ですが、今回の場合は、懲戒処分相当の賃下げが2年間も続くわけです。

 全国の国家公務員が懲戒処分を受けるような、何か悪いことでもやったのでしょうか。いま、職場はこうした道理のない賃金引き下げに対して、怒りに満ちあふれています。

 国家公務員の人件費が国の財政赤字の原因ではありません。2002年から2011年までの10年間に、自衛官を除く国家公務員は約80万人から約30万人まで減少していますが、その一方で国債等残高は約525兆円から約726兆円にまで急増しています。

 また、諸外国の公務員賃金は、リーマンショックや金融危機のもとでも上がっていますが、日本の公務員賃金は下がり続けています。このことからも国家公務員の人件費が財政赤字を増大させた原因でないことは明らかです。

 震災復興の財源のために我慢しろというのなら、まず、はじめに、政党助成金や米軍への思いやり予算など、ムダな支出をけずるとともに、国会議員のみなさんの歳費の見直しも、あらためて行うべきではないでしょうか。

 それさえもされずに、消費税増税のために、自らの身を削ると言って、限られた予算と人員のなかで一生懸命、現場の第一線で国民の安心、安全を守るためにがんばっている公務員に賃下げのしわ寄せを押しつけられることに、怒りを禁じ得ません。全国の国公労連の仲間を代表して、まず、そのことを申し上げます。

 ○山下議員

 現場の第一線でがんばっておられる国家公務員のみなさんは、道理のない賃金引き下げに対して怒りに満ちあふれているとのことです。

 次に、国家公務員の労働基本権を制約したままで、その代償措置である人事院勧告制度を無視して、一方的な不利益を国家公務員に押しつける今回のやり方について、国公労連はどう考えられていますか、宮垣委員長にお聞きします。

 ●宮垣

 この間の政府との交渉で、国公労連は、賃金の引き下げに一貫して反対をしてきましたが、一部の労働組合は合意をされました。しかし、合意をされた労働組合が国家公務員全体を代表しているわけではありません。ましてや、国家公務員労働者に労働基本権が回復していないなかで、いくら、一部の労働組合が了承し、3党合意がなされて、議員立法で賃下げ法案が国会に提出されても、マイナス0.23%の人事院勧告を超えて、さらに平均7.8%まで2年間にわたって給与を引き下げる部分は、明らかに憲法違反だと私どもは考えています。

 本法案は、複数年度にわたり、人事院勧告にもとづかずに賃金を引き下げることになり、労働基本権制約の代償措置が機能せず、人事院勧告制度が画餅(がべい)に等しい状況に陥るわけです。これまでの判例では、代償機能が画餅に等しい状況に陥れば憲法28条に抵触するとしています。

 労使間で交渉が決裂し、使用者側が一方的に勤務条件を変更しようとしたときに、労働者側の対抗手段がない、労働基本権の回復がないままでの人事院勧告にもとづかない政府の一方的な賃金切り下げはもちろんのこと、今回のような3党の「議員立法」で、私たち労働組合の意見も全く聴かずに人事院勧告を超える賃下げ法案を国会に提出し、強行することは、国家公務員労働者の基本的人権を蹂躙(じゅうりん)するものです。

 公務員にどれだけ権利がみとめられているかは、その国の民主主義の度合いを図るバロメーターです。

 公務員も労働者であり基本的人権である労働基本権が全面回復されるべきです。そして、公務員も市民であり、市民的権利である政治活動の自由が保障されるべきです。

 そして公務員は、全体の奉仕者として公務を担当しており、公務員として職務遂行の権利が認められるべきです。例えば、憲法に違反するような公務運営が行われようとしているときに、それについて意見を述べその是正を求めることができる権利です。これは、憲法第99条の公務員の憲法擁護義務からくる公務員の当然の義務であり同時に権利でもあります。具体的には、上司の職務命令に対する意見の申し出や内部告発権の保障、政策の決定・執行や公務運営に対して関与・参加できるシステムなどが必要です。

 そうした権利が回復・確立されないなかで、労働基本権制約の代償措置である人事院勧告制度さえ無視をして、一方的な不利益を国家公務員労働者に押しつける今回のやり方を看過(かんか)することはできません。

 国家公務員労働者に労働基本権を全面的に回復する、せめて、協約締結権を回復してから、労使交渉で賃金引き下げの問題を議論するのが憲法のルールに基づいたやり方ではないでしょうか。

 日本国憲法に抵触するような本法案については、徹底した審議の上で、参議院で廃案にしていただくことをお願いして私からの意見表明とさせていただきます。
  

                                               以上


スポンサーサイト

Category: 労働運動   Tags: ---

Response: Comment: 5  Trackback: 0  

今日、5日は京都市長選挙投票日

今日、5日は京都市長選挙の投票日です。facebookなどで京都の仲間たちの奮闘が伝えられてきます。

注目したのは、大工さんなど建築関係で働く仲間で作る京都建築労働組合(京建労)の左京支部の取り組みです。

京建労左京支部が温めに温めてきたプロジェクトがついに起動します。

若年者向けに市長選挙の投票呼び掛け行動を告示後にはじめたいと思います。
そのために書記局の家族が犠牲に…(笑)

2010年の知事選挙で特に投票率の低かった
20代30代の仲間たちに向けた呼びかけを行う予定です。

→ブログ「京建労左京支部のいったらええねん」 


なづけてU-45プロジェクト

素敵なポスターをつくり、それをネット上で拡散。各々がプリントアウトして配布するというものです。

こういう運動を広島でもつくりたい。

革新の伝統を持つ京都、市民の判断はいかに。


4536857c8ed057a3f4b8f5477cfea507.png

convert_20120205014345.png

convert_20120205014825.png

convert_20120205015139.png

convert_20120205015320.png

convert_20120205015548.png

convert_20120205015703.png

convert_20120205020037.png

convert_20120205020619.png

convert_20120205014958.png






Category: 労働運動   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

挑まぬ組織に発展なし

今年のヒロシマ地域総行動はエアコン20万署名を中心課題のひとつに掲げています。

 →ヒロシマ労連ホームページ

ヒロシマ地域総行動は今回で20回目。ずっと「みんなの願いをみんなで実現」というスローガンで、地域のさまざな要求をもちより、毎年2月にいっせい行動日を決めて、要請行動や宣伝、デモなどをやってきました。

20回目の今回、「例年通り…」ではなく、どーんとみんなの力をあわせて、目に見える確実な変化をつくりだしたい。論議のなかで出てきたのが、「小中学校・幼稚園にエアコンを」でした。

2010年の猛暑で、学校は38度を超し、これをなんとかするという要求で署名を集めようじゃないか、と。

広島市は、耐震工事とあわせて10年をかけてエアコンを設置するという方針。
でも、10年もかかったら、小学校1年生は高校生になってしまいます。

エアコンのある学校とない学校の教育環境の格差が長期にわたることになる。

3年ぐらいでなんとかしなさい、というのが署名の中心内容です。



このエアコン署名を100人分集める人を100人組織しようという呼びかけをしています。

その呼びかけ文の原案に「挑まぬものに発達なし」「挑まぬ組織に発展なし」という言葉をいれました。事務局長が、ちょっと強すぎるなあといったので削りましたが(笑)。

「挑まぬものに発達なし」というのは、日本福祉大学の教授だった近藤薫樹さん(故人)の本(労働旬報社/1988)のタイトルのパクリ。それをちょっとボクが言い換えたのが「挑まぬ組織に発展なし」です。

近藤さんは本の中でつぎのように書いています。

「乳児、幼児のときから、外界にたいして挑むことなしには、健全な発達をしていきません。一方、若者も、成人も、老人も、わたしのごとき病人も、自分の課題に挑んでいかねば生きていくということにならないわけです」

子どもたちは、「這う」とか「立つ」とか「しゃべる」とかつぎつぎと困難を乗りこえ、外界に挑んで大きくなってゆきます。

人類もまた、さまざまな困難に挑み、乗りこえて、社会を発展させてきました。


マルクスは、対象変革が自己変革を引き起こすと『資本論』でいいました。

対象変革とは自分の外側の世界に働きかけること。そう「挑む」ことです。

外界に「慣れ」、それに「耐えて」生きることは、人間も他の動物もしています。

しかし、「挑む」ことは人間だけがしてきたことで、「人間らしさ」の一つだといえます。



20万の署名を集めることはそうかんたんではありません。でも、だからこそ「挑む」のです。

いろいろな署名に対する反応がよくないということも聞きます。

根底に「集めても(書いても)現実はかわらない」という署名に対する不信感があるように思われます。

歴史をひもとけば署名が現実を動かしたことはいろいろあります。

ベトナム戦争で核兵器の使用をさせなかったこと、ソ連からのポリオワクチン輸入を実現したこと…。

現在でも、さまざまな「改悪」がかろうじて署名の力で食い止められいるのですが、これは見えにくいでしょう。

だから、「子どもたちが学びやすい環境をととのえる」というしごくまっとうで、分かりやすい内容で訴えて、現実を動かすことが大切だと思うのです。

 労働組合は残念ながら、少なくない人たちに「自分たちさえよければいい」エゴイスティックな集団だと思われています。

また、マルクスですが、「労働組合・過去・現在・未来」で次のように述べています。


「労働組合の努力が、狭く)、利己的でなものではなく、踏みにじられた幾百万の解放を目的としていることを、全世界の人びとに納得させなければなりません」

 「学校にエアコンを」という運動は、「労働組合の努力が狭く、利己的なもの」でないことを市民に知ってもらうチャンスだと思うのですが。

「挑まぬ組織に発展なし」--運動を前に進め、要求を実現するためには「挑み」続けるしかないのです。

 それは、人間らしさを追求しようとする組織の「宿命」といえるでしょう。





















Category: 労働運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

自治労連大会終わる

●8月21日、22日は広島駅南口で、大会参加者を出迎えました。そう、ボクは自治労連の組合員なのです。

以下は、メール通信。

J0026.jpg

・朝8時30分からみなさんをお出迎えしています。どの会場へもてきぱきと案内。自治労連以外の一般の人からも「平和公園へはどうやっていったら」と聞かれたり。熱中症にならないように気をつけながら奮闘中です。
(10時20分送信)


・ただいま休憩中
 熱中症になってはたいへん。責任者(ボク)が率先して休憩。広島駅内のスタバ。冷たくておいしかった。

J0025.jpg
(11時19分)
J0029.jpg


・やあやあと握手したが…
向こうから、みた顔がやって来た。握手をして、「いらっしゃい。タイミングが合えば飲もうよ」
彼が不思議そうにしつつ、会場へ向かって行った。
彼は誰だったか、思いだす。
あぁ、O河内全労連初代青年部長だ。向こうはボクのことは知らない。
不思議そうなわけだ。(11時26分送信)



・よろず案内係となる
お昼が近くなると「お好み焼きはどこで食べられますか」という問い合わせが増えました。「家電量販店は」「メガネの○○は近くにないか」…。そこまでは想定外で、みんなの記憶を寄せ集めて必死に答えました。
一般の方にも頼りにされ、「市民会館は?」「はて?」「あぁ、県民文化でした」「それなら…」とずばり回答。
暑くはあったけど、みなさんのお役にたってなによりでした。さあ、明日もお迎えするぞ(16時22分)

初日のお出迎えは2時で終了。終わり間際に、名古屋市職労の友人、ハッシーが到着。10時30分まで仕事をしていたという。えらい!
 会場は中国新聞なので、一緒にタクシーに乗っていきました。ボクはメイン会場の国際会議場へ戻ります。

・大会初日(22日)

ほとんどの人が前日入りのようで、あまり、行き方を聞かれず、ちょっと寂しい。一般の人2人から「新幹線口へどうやっていくのか」と聞かれる。初めての人には南北の自由通路が分かりにくい。
もっと分かりやすくしてほしいです。
でも、お役に立ててなにより。

(つづく)


Category: 労働運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

歌われなくなる校歌

広島市は、なんと30もの小中学校を「廃校」にしようとしています。

以下は、ヒロシマ地域総行動のブログから


許せない!学校リストラ・統廃合 


「機械的に30校を選んだ」(広島市教育委員会次長)

通学、安全はどうなるの?

 1月21日、広島市教育委員会は、市議会文教委員会で、小中学校「適正」配置計画(素案)を提案しました。 

 市教育委員会はさしあたり、基町小(中区)、井原小・志屋小・小河内・久地小(安佐北区)の5校が、統廃合に「適している」と判断。この5校を含め、小学校24校、中学校6校、計30校が「適正配置」の名で統廃合されようとしています(学校名は下のリスト参照)。
 
 文教委員会で教育次長は「アンケートや計画協力者会議で検討した結果、機械的に30校を選定した」と答弁。
 適正規模を口実にしていますが、ほんとうの理由は、財政削減にあります。
 子どもたちの通学、安全、地域の実情などおかまいなし。こんな「計画」は、白紙撤回させましょう。


統廃合リスト

▼小学校
中区 基町
南区 荒神町・黄金山・元宇品・似島・似島学園
西区 己斐東・山田
安佐南区 戸山・
安佐北区 高南・井原・志屋・三田・大林、飯室・小河内・久地・鈴張・筒瀬・
安芸区・阿戸
佐伯区 河内・湯来東・湯来西・湯来南

▼中学校
南区 似島・似島学園
安佐南区 戸山
安芸区 阿戸
佐伯区 湯来、砂谷



田原小学校の校歌の額をみて、きっと素敵な歌なんだろうけど、子どもたちが歌わない校歌って悲しいなあ、と思ったのです。

広島市は29(似島学園はおそらく小と中と一緒だろうから)もの校歌を歌われないものにしてしまうのです。



核兵器廃絶のためにオリンピックなんてするよりも、子どもたちのためにお金をつかってほしい。

国際平和都市は、命、子どもを大切にする都市であるべきです。

核兵器と戦争を否定する9条のこころ。それにふさわしいのは25条「健康で文化的な生活」、26条「教育を受ける権利」を追求するヒロシマです。

そういう街になったあかつきにこそ、「オリンピックをヒロシマで」が現実性を帯びるでしょう。

 
08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。