パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 府中町   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

ふたみ伸吾 公式ウエッブサイトできました。 「ふふふ」 府中でふたみが奮闘中!

「パンとともにバラを」愛読者のみなさん。

このたび公式ウエッブサイトができました(つくりました)。

当面、公式ウエッブサイトで発信してきますので、ぜひご覧下さい。

アドレスは futamishingo.com です

ホームページ開設

スポンサーサイト

Category: 府中町   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

仲間の力と言葉の力を信じて

参議院選挙投票日翌日、7月11日からボク自身のたたかいが始まりました。約1ヶ月、猛暑のなか宣伝、後援会員訪問、平和行進…。汗をびっしょりかきながら取り組んできました。

8月7日には16人、今日、11日には広島市内、呉、海田、東広島などから30人近くの仲間が応援にきて、ビラ配布とハンドマイク宣伝をしてくれました。今日で「前半戦」は終了。現状は合格ラインにはるか及ばず、です。

明日、12日から14日まで神奈川県伊勢原市の実家に帰省。3日間のインターバルの後、15日から「後半戦」に突入します。
投票日まで約1ヶ月。

仲間の力と言葉の力を信じ、奇跡を起こせるまで、地道に愚直にひたむきに頑張るのみです。応援よろしくお願いします。

KIMG0862_convert_20160812062628.jpg

KIMG0847_convert_20160812062655.jpg

DSC_2586_convert_20160812062820.jpg

DSC_2525_convert_20160812062739.jpg



Category: 府中町   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

第3次安倍改造内閣と府中町政を語る

2016年8月10日 朝8時からのの演説です。演説前の15分間は通勤・通学のみなさんに手を振って挨拶しています。挙げた右腕に蜂がとまり、あわてて振り払うと、蜂は攻撃性を増して何度もアタックしてきました。刺されて成るものかと、赤いたすきをブンブン振り回して格闘していました。

きっと変な人だと思われたことでしょう。



Category: 核兵器廃絶   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

日本政府は、被爆国の政府として核兵器全面禁止のために誠実に努力すべき

原水爆禁止国民平和大行進、8月3日、府中原爆慰霊碑前でのあいさつです。

20160803あいさつ_convert_20160805061801

みなさんお疲れ様でした。

二見伸吾と申します。府中町原水協を代表してあいさついたします。私も安芸区役所からここまで歩きました。明日も平和公園をめざして歩きます。

平和行進は1958年、西本あつしという人が6月20日から8月11日、43日かけて原爆慰霊碑前から東京の日比谷公園まで歩いたの始まりです。

それから58年、そして原爆投下から71年が経ちます。

核兵器をなくせ、使わせるな、再び被爆者をつくるな、の呼びかけに応えていまや国連加盟国の7割を超える国が核兵器の禁止を支持し、禁止条約の交渉開始を求めています。

核兵器を保有するわずか数カ国の政府だけが核兵器を持つこと、使うことにこだわっているのです。

しかし、最大の核保有国のアメリカにも変化がありました。先日、オバマ大統領がアメリカの大統領として初めて広島を訪れました。オバマ政権は核政策を見直し、「核先制不使用」、攻撃されていない段階では核兵器は使わないという宣言を検討しているというニュースが入ってきました。

日本政府がこれにどう反応したのか?

「核の傘」が弱くなるから反対、アメリカに協議を申し入れていると言うんです。どんなときでも核兵器を使えるようにしておいてくれとアメリカに頼む。これが原爆を投下された国の政府がいうことか、耳を疑いました。

日本政府は、このような妨害をやめ、被爆国の政府として核兵器全面禁止のために誠実に努力すべきです。

安倍首相は式典の挨拶で「貴い命が奪われ」と言いますが、1945年の国民いや、臣民の命は、鳥の羽よりも軽いものでした。いまもまた、国民の命は軽んぜられ、再び戦争の惨禍が引きおこされかねない事態に直面しています。

しかし、そういう事態だからこそ平和と立憲主義を守ろうという新しい共同が生まれ広がっています。引き続き、倦まずたゆまずあきらめず、核兵器のなくなる日まで歩き続け、がんばっていきましょう。


Category: 日本共産党   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

参議院選挙 報告 共産党3議席から6議席へ

午前1時半になんとかできあがった演説原稿。覚えるひまもなくぶっつけ本番でしたので、下(メモ)ばかり見ております。


09 2016 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
日本共産党 府中町政策委員長
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。